着物デザイナーを育てること

着物デザイナー木越まりの着物日記ブログ(毒舌あり)

 

当然のことながら、いずれ年を取りますので、私の仕事も誰かに受け継いでいってほしいのです。

職人不足のため産地やメーカーが人材育成を頑張っているように、私の仕事も次を育てなければいけません。

私が成功例となり、次の人たちへ技術を継承し、ちゃんと稼げる仕事として、バトンタッチしていかなくてはなりません。

 

そのために私は自分の技術は惜しみなく教えています。

 

そして大切なことは、もう一つ。現在の仕事を安売りしないことです。

 

私が安く仕事を請け負うと、それが当たり前になり、特殊技術なのに軽く思われます。だいたい日本はデザインに対する賃金が安すぎるのです。

 

それは、次の世代へのダメなお土産。

賃金をちゃんといただく=成果を出す

 

 

これが大事ですね。

 

今日はこの辺で。

最後までお読みくださってありがとう❤️

 

 

着物デザイナー木越まり

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA