伝統技術と新素材で作るNew Traditional KIMONO「ニュートラキモノ」〜スクエア〜

 

 

 

 

伝統技術と新素材で作る

New Traditional KIMONO「ニュートラキモノ」

 

もう一つの柄!!

 

 

 

着物デザイナーの木越まりです。

先日、発表いたしましたNew Traditional KIMONO「ニュートラキモノ」

 

 

 

「新素材で作った、伝統的技術の着物」

 

この「伝統的技術」っていうのは本当に日本人の心をくすぐりますね!

 

丁寧なモノづくり、工程の多い大変な作業、光る職人技、、、

 

言い出したらきりがない、なんとも言えない魅力の数々。それが「伝統技術」ですよね。

 

そんな伝統技術を、今の生活にあった快適素材で実現したのです。

 

 

快適素材って何?と思われた方。

それは

 

 

日本が世界に誇る東レの高機能ポリエステル「セオα(アルファ)」!!

 

 

 

私は20年、この生地でできた浴衣を着ていますが、本当に快適なんです!!

 

もしや、いまだにポリエステルが暑いと思っていませんか???

 

今から40年くらい前なのかしら。

 

その頃の化繊(かせん=化学繊維)は確かに暑かったようです。

今でも年配の方々は「化繊は暑いから・・・」と良くおっしゃいます。

 

いえいえ〜、今は違います!!

国内に数ある高機能ポリエステルは繊維の形状がミクロの世界まで工夫されていて、涼しく快適なんですよ!!!

 

 

 

それが、この「セオα」によって、着物ユーザーに認められ、知れ渡ってきたのです。

あ〜きっと、ここまでに30年くらいかかっていますね。

 

ポリエステルの着物を着たことのない人でも、ぜひチャレンジして欲しい!!

この快適さを教えてあげたい!!

と、ここまで素材の良さを熱く語ったところで、問題のニュートラキモノのもう1つの柄を発表します!!

 

 

 

 

New Traditional KIMONO「ニュートラキモノ」

もう1つの柄は「スクエア」!!

 

じゃーーーーん!

 

 

 

 

 

「四角」って言う名前にしようか、まだ悩んでいますが。

とにかく、この柄、格好いいんです!!

前回ご紹介した雪花絞りの柄を「フラワー」と名付けるつもりで、こちらは「スクエア」。

「フラワー」は華やかで愛らしい感じ。

「スクエア」は粋で大人なイメージです。

 

 

うんうん、いい感じです!!❤️

 

 

単純だからこそ、板締めの連続感が気持ち良く、色のにじみも美しい!!

このにじみや、一つ一つのちょっとしたズレ感などはプリントでは表現できません。

 

 

あ〜〜〜。早く着たい。でもまだ反物しか手にしていない。。。

 

 

着姿の予想図はこちら

 

 

 

 

 

どうですか?

格好いいですよね〜!江戸の粋さを感じますね!!

もちろんこちらも

 

 

お客様のご希望のお色で染めることもできます!!!

 

 

素敵だーーーー!夏に着るのだけど、あえて暖色でも面白いかも。。。

考えたら楽しくなりますね!

 

 

 

2月中旬に「着物デザイナー木越まりのアトリエ公開」をしようと思っています。

その際、私が持っているたくさんの色チップからお色をお選びいただく企画を計画中❤️

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ、遊びにいらしてくださいね!

 

近日中に詳細を発表いたします!

 

では、今回のブログはこの辺で。

最後まで読んでくださってありがとうございます♪

 

 

 

着物ブランド「加花-KAHANA」

デザイナー 木越まり

 

 

 

 

 

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA