実験!New Traditional KIMONO 「ニュートラキモノ」を洗ってみたよ♪

 

 

 

 

着物デザイナーの木越まりです。

 

 

 

ブログを決意したお正月から3か月が経って、久しぶりにアップしようと思ったら2月3月はすっ飛んじゃってた!

久しぶりすぎて文字の大きさと、段落の変え方がよくわからない。。。(by木越ドリー)

 

 

さて、今日の本題です。


 

 

 

 

着物ブランド加花-KAHANA

New Traditional KIMONO

「ニュートラキモノ」フラワー

 

を洗濯機で洗ってみた!!

 

 

 

ええ!!??着物を洗濯機で???

 

 

 

 

ニュートラキモノをご存じない方はまずこちらから。

 

 

 

東レが開発した高機能ポリエステル「セオα(アルファ)」は私が20年愛用する着物の生地です。

 

 

汗を吸い取り、素早く発散、肌離れが良くて、着心地抜群!

いつもサラサラ〜な快適素材なんです♪

しかも洗濯機で洗えちゃって、アイロンも要らないんですよ〜!

こんなに楽で、お金のかからない着物をみなさんに知ってもらいたい
❤️

 

私なんてここ最近ポリエステル以外はほとんど着ていません〜〜♪

 

そのポリエステル「セオα」で新作の浴衣を作りました。

 

着物ブランド加花-KAHANA

New Traditional KIMONO

 

その名も「ニュートラキモノ」!!

 

 


伝統的な技術を新しい素材にのせて作っています。


つまり、、、ちゃんとして見えるけど、実は楽チンなキモノ(笑)。

 

京都の職人さんに板締めで染めていただきました❤️

職人さんもポリエステルは初めてです。

私も普段は捺染とインクジェットばかりですから板締めで「セオα」は初めてです。

まずは着用実験から。いきなりベトナムで着てみました!(豪快!)

 

 

トレードマークの黒羽織も上に羽織ってみました。(暑くないのか?)

 

 

快適です❤️

全く問題なし。

 

 

羽織を着ていることに慣れているというのもあるとは思いますけどね。

 

 

日本でも何度か着て、ついに今日。

 

お洗濯の日が来ました〜♪

 

 

そんなに汗臭くもないし、衿も汚れていないので、まだ洗わなくても良いのですが、実験を早くしたくて洗いました。

お客様には「ネットに入れて洗ってくださいね」とお話ししていますが、実は私はネットにすら入れない。

普通の洋服と一緒に洗っちゃう。そうです。「ズボラー」なんです。

 


なので、今回もズボラーな私はそのまんま洗濯機にドーーーン!

 

 

 

安い洗濯機がバレて恥ずかしいな〜(笑)。

でもまあ、こんなんでも大丈夫だよってことです〜(良い例です!キリッ)。

 

洗剤もごく普通の洋服用(一応、漂白のないもの〜多分〜だってドリー)。

二曹式ならグルグルしているのを見ていたいくらいだけど、蓋しちゃって見えないので放置プレー。

 

いつも「標準」。

 

つまり「手洗いコース」とか「なんか優しいやつコース」にしません。

だって、見て。安い洗濯機だからそんなん無いの(苦笑)。

今日改めて洗濯機をじーっと眺めてない事に気付きました。

 

 

でも今日は実験なので少し優しく「脱水1回」の指令を出しました。

 

 

脱水が1回だったからか、なんかあっという間に終了〜。

 

 

 

 

アトリエの部屋の仕切りにあるレールのところにいつも洋服のハンバーでかけて干します。

 

そう。着物ハンガーである必要すら無し。

 


薄いのに糸や織り方がしっかりとしているから、ハンガーの肩の部分が跡になりにくいのです。

だから海外に行っても、ホテルのハンガーで全く問題無し。

 

午前11時に干して、午後2時には乾いておりました〜。

さすが速乾の生地ですね!!

 

 

 

そこで問題は。。。移染(いせん)。

 

 

染料が落ちて、色があせるだけではなく、白い部分を汚してしまったり、ほかの洗濯物に色がついてしまうことです。

はっきり分かるように、白いタオルを一緒い入れて洗濯しました。

結果は全く無し!!白いタオルは白いまま!!

 

実はちょっと自信がありました。

なぜなら、ポリエステルのような化学繊維の多くは、かなりの高温で色を定着させる工程を経ています。

その工程がポリエステルの強さを作り、色落ちしない、色褪せしづらい、強い子を育てる一つの要因だと思います。

 

 

そして。。。ちょっと気になっていたのが板締め絞りの特徴でもある凹凸。

 


 

すごいびっくりです!!こんなに凹凸が残ってる!!!

これは正直、ここまでは期待していませんでした。

 

 

 

洗えばかなり無くなっていくと思っていました。

綿や綿麻素材は1回の洗濯でかなり凹凸を失います。アイロンをかける必要も多いため、かなり凹凸は無くなります。

 

 

でもセオαは、新しい優秀な素材❤️

 

 

 

ニュートラキモノの良さをしっかりと無くさず、凹凸感ほぼそのまま!!

これには私もかなりのびっくりです!!

 

洗える着物をデザイン&製造してもう20年になりますが、着物の世界にも新しい技術や、技術と技術のマリアージュがあり、本当にいつも新鮮です❤️

 

 

 

 

 

 

 

 

さてこの

 

着物ブランド加花-KAHANA

New Traditional KIMONO

 

皆様にお披露目いたします♪

 

 

 

2018年5月2日〜5月6日

 

東京日本橋のCOREDO室町三井ホールにて行われます

「東京キモノショー」に

加花-KAHANA出店決定です❤️

 

 

 

 

是非見にいらしてくださいませ。

↑このフラワーという柄と、スクエア↓

 

 

 

そして

「キモノヒッピー」と題して新しい柄も発表いたします。

(まだシークレット❤️)

 

 

 

 

職人さんに一つ一つ時間をかけて作っていただいてるので、はっきり言って高いですが、本当に快適ですのでお試しください!

 

そしてなんと!!!どの柄もお好きなお色で製作できます!

(すごい〜〜〜)

 

 

 

 

着物デザイナーの私と一緒に、悩みながら色を決めて見ませんか?

お待ちしております!!

最後まで読んでくださってありがとうございます❤️

着物ブランド加花-KAHANA

木越まり

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA